自分で歯のヤニ取りをするのなら、いくらでできるのか?相場価格は

一度、歯にヤニがついてしまうと、普段の歯磨きではなかなか汚れを落とすことができず、時間がたつほどにヤニの付着が多くなり、色が濃く、範囲が広がっていきがちです。歯は、自分では鏡を見ないと見えにくいのですが、人からは良く見えるため、自分で気づいていない黄ばみや汚れが歯の裏側まで見えてしまっている、ということも良くあります。ヤニ取りをするときに、デンタルクリニックなどに行って、クリーニングをしてもらうという人もいますが、普段からきれいな状態をキープするためには、自分できれいにすることが近道です。
自分ではのヤニ取りをする場合、ホワイトニング用品を購入してくると、数千円から数万円の費用が掛かることが相場です。ホワイトニングは、薬剤を使うため、自宅用のホワイトニング用品は、安全性が確認されているとはいえ、ドクターに施術してもらう方が安心という人も多い方法です。自宅で行うヤニ取りで手軽な方法は、歯磨きです。研磨剤配合の歯磨きを使ってごしごしこすると、汚れが削れてヤニ取り効果があるため、行っている人が多い方法です。
最近では、歯の表面に傷がついてしまうと、帰って汚れが付着しやすく、落としにくくなるということが知られるようになってきました。最近注目されているのは、研磨剤なしで、ヤニ取り成分が配合されている歯磨き粉です。研磨剤が入っていなくても、ヤニ取り成分がヤニを少しずつ落としてくれ、再付着も防ぐことができるのに、費用が安いので人気があります。
http://yanitori.net/

Tags :
カテゴリー: ケア